更年期の薄毛・抜け毛

更年期障害の抜け毛・薄毛がひどい|いつまで続く?

2020-02-13

  • 更年期障害の抜け毛・薄毛がひどい
  • これっていつまで続くの?

更年期と呼ばれる年齢になると、カラダの調子が悪くなったり様々な変化が出てきて不安になってしまいます。

抜け毛や薄毛も更年期障害の症状の一つ。

 

この記事では「更年期障害の抜け毛・薄毛がひどい場合、いつまでそれが続くのか?」そして「更年期障害の原因や対策」をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

更年期障害の抜け毛・薄毛がひどい|いつまで続く?

更年期障害の抜け毛・薄毛

  • 平均的には2~3年続く
  • 更年期の時期は閉経前後の約10年間

 

更年期障害の抜け毛・薄毛|平均的には2~3年続く

抜け毛・薄毛に限らず、更年期障害の症状はいつまで続くのでしょうか?

個人差があるようですが、平均して2~3年、長い場合で5年続く場合が多いと言われています。

しかし、中には10年以上も更年期障害の症状が続く珍しいケースもあるようです。

 

更年期の時期|閉経前後の約10年間

閉経前の5年間と後の5年間の合計10年間の時期のことを更年期と呼びます。

日本人女性の閉経の平均年齢が50.5歳と言われているので、多くの場合は45歳~55歳くらいが更年期ということになります。

 

更年期障害の抜け毛・薄毛|45~55歳の間の2~3年が多い

  • 更年期障害の抜け毛・薄毛が続くのが2~3年
  • 更年期の時期は45~55歳が一般的

これらから更年期障害の抜け毛・薄毛がいつまで続くかを考えると、45~55歳の間で抜け毛が目立ち始めて、それが2~3年続くのが一般的だと考えることができます。

その後は年齢を重ねるにつれて更年期障害の症状は治まっていくことが多いようです。

 

更年期について

更年期について

  • 更年期障害の原因
  • 更年期障害の症状

 

更年期障害の原因|抜け毛・薄毛含む

  • 女性ホルモン分泌量の低下
  • 主婦の場合は生活環境の変化のストレス
  • お勤めの方の場合は仕事のストレス

個人差はありますが、女性ホルモンの分泌量は20代後半から30代半ばくらいにピークを迎え徐々に分泌量が低下していきます。

更年期と言われている45~55歳の時期は年齢的にも女性ホルモンの分泌が減っている時期です。

そこに加えて、主婦の場合はお子様の進路や就職・ご主人の定年・親の高齢化、お勤めの方の場合は仕事の責任が増してくる時期なので、ストレスも女性ホルモンの分泌低下に影響してしまいます。

 

更年期障害の症状|抜け毛・薄毛以外

引用元:ヘルスケアラボ

このように、更年期障害には年代ごとに傾向があり、抜け毛・薄毛以外にも非常に多くの症状があります。

症状の出方も生活に支障が出る場合からほとんど症状が出ない場合まで、大きな個人差があります。

この中でも強く症状が出ることを「更年期障害」と呼ぶことが一般的です。

 

スポンサーリンク

 

更年期障害の抜け毛・薄毛がひどい|おすすめ対策法がこちら

更年期障害の抜け毛・薄毛おすすめ対策法

  • 食事
  • 運動
  • 女性用育毛剤
  • 女性用育毛サプリ
  • 女性用育毛シャンプー

 

対策法その1:食事

 

「大豆」で女性ホルモンをサポート

女性ホルモンはハリやコシがある女性らしい髪や髪の成長サイクルを整えるために大事なもの。

更年期で分泌が減ってしまうので、女性ホルモンと似たような働きをしてくれる「大豆イソフラボン」を積極的に摂りましょう。

ココがポイント

普段のお食事に豆乳や納豆などを加えるのがお手軽なのでおすすめです。

 

「海藻」で毛母細胞を活性化

海藻類などに含まれるネバネバ成分の「フコイダン」には、毛母細胞を活性化させる働きがあります。

昔から「海藻は髪にいい」と言われてきたのはフコイダンのおかげなのです。

ココがポイント

コンビニでお手軽に買えるもずくやワカメなどを普段のお食事にプラスして摂るのがおすすめです。

 

髪の毛の9割は「タンパク質」

髪の毛の9割近くは「タンパク質」で構成されています。

意外に不足しがちな栄養素なので、意識して摂るようにしましょう。

ココがポイント

血液サラサラ成分のオメガ3脂肪酸が含まれているお魚で摂るのがおすすめです。

 

 

対策法その2:運動

 

「ウォーキング」で血流改善とストレス解消

  • 誰にでも始めやすい
  • 血流改善効果がある
  • ストレス解消になる

薄毛・抜け毛対策におすすめの「ウォーキング」にはさらにおトクな効果があります。

ウォーキングで股関節を使うと骨盤周りの血行がよくなります。

女性ホルモンを分泌する卵巣は骨盤の近くにあるので、卵巣の血行がよくなり女性ホルモンの分泌を刺激することができるのです。

ココがポイント

時間が取れない場合には、階段を使うようにするだけでも効果があります。

 

 

意外に始めやすい「ヨガ」

いろいろなポーズでしっかり呼吸して行う「ヨガ」も全身の血流改善やストレス解消に効果的なので、抜け毛・薄毛対策にもおすすめの運動です。

ココがポイント

ヨガを始める人の多くは運動経験がない場合が多く、無料で体験させてくれるスタジオも多いので、意外に始めやすい運動の一つです。

 

 

対策法その3:女性用育毛剤

食事や運動の対策では足りない場合は「育毛剤」を試してみるのがおすすめです。

育毛専用に開発されたものなので、ダイレクトに抜け毛・薄毛にアプローチできます。

ココがポイント

抜け毛・薄毛の原因は男性と女性では違いがあるので、「女性用の育毛剤」を選ぶようにしましょう。

 

 

女性用育毛サプリ

「まだ育毛剤までは使わなくていいかも」という場合には、「育毛用のサプリメント」を試してみましょう。

サプリメントはあくまで「栄養補助食品」なので育毛剤ほどの効果は期待できませんが、気軽に始められるのが最大のメリットです。

ココがポイント

育毛サプリには「育毛成分をさぽサポートするもの」「髪に潤いを与えるもの」など種類がいくつかあります。

自分にとって必要な効果を把握してから選ぶことをおすすめします。

 

 

女性用育毛シャンプー

お気に入りのシャンプーをお使いの方も多いと思いますが、別のシャンプーに変えるのに抵抗がない場合は「育毛シャンプー」が最も始めやすい抜け毛・薄毛対策です。

育毛シャンプーを使えば、いつも通りに髪を洗うことが抜け毛・薄毛対策になるので手間が全く増えません。

ココがポイント

「運動をしたりサプリを飲む手間や時間さえ惜しい」というくらいに忙しい方におすすめです。

 

 

『まとめ』:更年期障害の抜け毛・薄毛がひどい|いつまで続く?

  • 更年期障害は45~55歳の間の2~3年続くことが多い
  • 更年期障害の原因は女性ホルモンの分泌低下が一般的
  • 更年期障害の症状は抜け毛・薄毛以外にもたくさんある

更年期障害の抜け毛・薄毛の時は「いつまで続くんだろう?」と思ってしまいますが、多くの方は2~3年ほどで症状が落ち着いてくるようです。

更年期は一生続くものではないので、自分でできることから無理のない範囲で対策していきましょう。

 

自分ではどうしようもできない場合や、どうしてもツラい場合は女性専用の育毛クリニックで無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

 

-更年期の薄毛・抜け毛
-, , , ,

Copyright© 女性の薄毛お助けブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.