更年期の薄毛・抜け毛

更年期の抜け毛がひどい|更年期の薄毛になりやすい人

2020-02-15

男性の場合は男性ホルモンが年齢とともに緩やかに減少していきますが、女性の場合は更年期(45~55歳くらいの約10年間)に女性ホルモンが急激に減少します。

女性ホルモンが減少すると、「髪のボリュームの維持」や「髪の退行期・休止期をおさえる働き」が弱まるので、女性の場合はただでさえ更年期の抜け毛・薄毛になりやすいと言えます。

この記事では、そんな中でもさらに更年期の抜け毛・薄毛になりやすい人についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

更年期の抜け毛・薄毛になりやすい人

  • 忙しい人
  • 運動不足の人
  • タバコを吸う人
  • 激しい運動をする人
  • 食生活に偏りがある人

 

忙しい人

  • 筋肉が緊張しやすく血行が悪くなる
  • 免疫細胞の過剰な活動で毛母細胞が攻撃される
  • 視床下部の働きが低下し女性ホルモンの分泌が不安定になる

このように、ストレスは抜け毛・薄毛にもいろんな弊害があります。

特に更年期の女性は責任が重い仕事を任されたり、お子様の自立や御主人の定年などの家庭環境の変化で忙しくストレスが溜まりがち。

女性ホルモンが少なくなっている更年期に忙しくてストレスが溜まると、抜け毛・薄毛がさらに進行してしまう可能性が高くなります。

 

運動不足の人

運動が不足すると全身の血行が悪くなることで頭皮に栄養や酸素が行き渡りにくくなります。

特に更年期の運動不足は、女性ホルモンの減少に加えて頭皮や髪の栄養や酸素が不足することになるので、抜け毛・薄毛がより進行しやすくなってしまいます。

更年期と呼ばれる年代になると運動が億劫になりがちですが、軽い運動からでもいいので体を動かす習慣をつけましょう。

 

 

タバコを吸う人

タバコの煙の中には、血管や気管支を収縮させる「ニコチン」や酸素の取り込みを邪魔する「一酸化炭素」が含まれています。

血行不良や酸素不足により頭皮や髪の細胞が弱ってしまうことになるので、抜け毛・薄毛を進行させてしまう可能性があります。

ストレス解消の目的でタバコを吸う更年期の女性の方もいらっしゃるかと思いますが、髪や頭皮に悪影響があるかもしれないことも把握しておきましょう。

 

激しい運動をする人

激しい運動を行うと、筋肉量を増やしたり増えた筋肉量を維持するために男性ホルモンの分泌量が増えます。

男性ホルモンの分泌量が増えると、皮脂の分泌量が増えて毛穴のつまりを招いてしまったり、毛母細胞の分裂や増殖を抑制して抜け毛・薄毛の原因になってしまうこともあります。

最近は更年期女性の中にも筋トレにハマる人が増えてきましたが、中には男性ホルモンの分泌が活発になって「薄っすらヒゲが生えてきた」という方もいますので抜け毛・薄毛にも注意した方がいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

食生活に偏りがある人

  • 髪の毛の9割近くを占める「タンパク質」
  • 血液サラサラ効果の「オメガ3脂肪酸」
  • 毛母細胞を増殖させる「フコイダン」

髪の健康を保つためには様々な栄養をバランスよく摂るのが大事。

忙しさや好き嫌いで食生活に偏りがある場合も抜け毛・薄毛が進行してしまう可能性があります。

「大豆イソフラボン」には更年期で減少する女性ホルモンと似たような働きがあるので、普段から豆乳や納豆を積極的に摂るのもおすすめです。

 

 

『まとめ』:更年期の抜け毛・薄毛になりやすい人

  • 忙しい人
  • 運動不足の人
  • タバコを吸う人
  • 激しい運動をする人
  • 食生活に偏りがある人

更年期の抜け毛・薄毛になりやすい人には多くのケースがありますが、その中の一部をご紹介してきました。

男性とは違って女性の更年期は身体の変化が大きいため、抜け毛・薄毛に限らずいろんな悩みが出やすい時期といえます。

もし更年期の抜け毛・薄毛に悩んでいるなら、この中に当てはまるものが無いか探してみましょう。

 

関連記事

女性の薄毛・抜け毛|おすすめ対策ランキング5選【始めやすい順】

 

スポンサーリンク

-更年期の薄毛・抜け毛
-, , ,

Copyright© 女性の薄毛お助けブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.