薄毛・抜け毛の基礎知識

分け目がはげてきた女性(20代)はこの3つが原因かも?

2020-01-26

  • 分け目がはげてきた!?
  • まだ20代なのに!?

年齢が若いにもかかわらず薄毛に悩む女性は増えています。

その中でも特に気になっている人が多いのが「分け目」。

 

あなたが「20代の女性」「分け目がはげてきたような気がする」という場合は、これからご紹介する「3つのこと」が原因かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

分け目がはげてきた女性(20代)はこの3つが原因かも

この3つが原因かも

  • 髪型
  • ストレス
  • 妊娠・出産

女性の薄毛というと「加齢」が主な原因と考えられることが一般的です。

 

でも、20代では「まだ加齢の心配はしなくていい」し、男性のように特定の場所からはげるのではなく「全体的に薄くなっていく」のが女性型薄毛の特徴のはず・・・

 

20代など若い女性の薄毛の場合で、特に分け目など特定の場所がはげてきたという場合には「加齢以外の原因」を考える必要があるのです。

 

原因その1:髪型

加齢が原因になりにくい20代女性の場合は、髪や毛根への「直接的なダメージ」が薄毛の原因になっているのかもしれません。

 

中でも、分け目など特定の箇所からはげてくる場合には髪型が原因になっている可能性を考える必要があります。

 

女性の毛根は耐えている!

女性の髪は男性より長い場合が一般的です。

 

長い髪は必然的に短い髪より重くなってしまうので、女性は毛根にかかる負担が大きくなりがち。

つまり、女性の毛根は日常的に大きな負担に耐えているのです。

 

毛根が弱ってくると髪の毛も抜けやすくなります。

本来の髪のサイクルよりも早く抜けてしまうと、20代など若い場合でも薄毛が進んではげてきたと感じることが多くなってしまいます。

 

同じ髪型が続くと毛根が引っ張られる!

  • 何年もずっと同じ髪型
  • しかも、まとめ髪やポニーテール

こんな方は要注意です。

 

ただでさえ男性よりも大きな負担に耐えている女性の毛根。

ずっと同じ髪型でいると特定の分け目に負担が集中してしまいます。

 

そこからさらに引っ張られる負担が増えてしまったら、髪が抜けやすくなるのは当たり前ですよね。

 

「おすすめ対策法」:分け目はげの原因が「髪型」だった場合

  • 髪型や分け目を変えてみよう
  • 定期的にバッサリ短くしてみよう

分け目がはげてきた原因が「髪型」だと思われる場合には、これらがおすすめの対策です。

 

髪型や分け目を変えてみよう

特定の毛根にずっと負担がかからないように、たまには髪型や分け目を変えてみましょう。

負担を分散させることで、分け目など特定の場所が目立つようなはげ方になるのを防ぐことができます。

 

定期的にバッサリ短くしてみよう

髪型を大きく変えることに抵抗がないなら、定期的にバッサリ髪を短くしてみましょう。

髪型や分け目を変えて負担を分散できる上に、短くすると髪自体の重さも軽くなります。

ダブルで毛根への負担が減らせるのでとてもおすすめです。

 

原因その2:ストレス

  • 血行不良
  • 免疫細胞の暴走
  • 不安定な女性ホルモン分泌

ストレスって体にとってホントに弊害が多いです。

しかも、20代でも80代でも、女性でも男性でもお構いなしに襲ってきます。

中でも、「薄毛になってきた」という場合や「分け目がはげてきた」という場合には、これらが影響している可能性があります。

 

血行不良

ストレスを感じている時、筋肉は無意識に緊張します。

後頭部から首・肩・背中まで広く付いている「僧帽筋」という筋肉が緊張して収縮すると、血管が狭くなり頭皮への血行が悪くなります。

 

免疫細胞の暴走

ストレスを感じている時、免疫細胞の一つ「Tリンパ球」が過剰に活動することがあります。

Tリンパ球によって毛母細胞が攻撃されると、薄毛が進行してしまう場合があります。

 

不安定な女性ホルモン分泌

ストレスなどによって生活が不規則になると、女性ホルモンの分泌を促す視床下部の働きが低下し、女性ホルモンの分泌が不安定になってしまいます。

女性ホルモンは髪の毛のサイクルを整えたり髪の健康を保つ役割があるので、分泌が多い20代でも気をつけないといけない大事な存在です。

 

「おすすめ対策法」:分け目はげの原因が「ストレス」だった場合

  • ストレス解消法を見つけよう
  • 大豆を食べよう

分け目がはげてきた原因が「ストレス」だと思われる場合には、これらがおすすめの対策です。

 

ストレス解消法を見つけよう

1番シンプルで意外に難しいかもしれませんが、自分に合ったストレス解消法を探して見つけましょう。

リフレッシュできたりリラックスできれば、インドアでもアウトドアでもOKです。

 

現代はストレス社会なので、1つと言わず2つでも3つでもストレス解消法を持っておくことがおすすめです。

 

おすすめは「ウォーキング」
  • お金がかからない
  • 手間がかからない
  • 体力がなくてもいい
  • 技術もいらない

自分のさじ加減でできる最強のストレス解消法です。

 

ココに大注目!

女性ホルモンをつくる「卵巣」は股関節の近くにあるので、ウォーキングで股関節をよく使うと卵巣への血流がよくなります。

卵巣への血流がよくなると酸素や栄養が十分に供給され卵巣が活発になります。

女性ホルモンが作られやすくなってストレス解消にもなる「ウォーキング」は最強におすすめです。

 

大豆を食べよう

大豆に含まれる「大豆イソフラボン」には、細胞を傷つける活性酸素の働きを抑える効果があります。

じつはこれ、女性ホルモンと同じ効果なのです。

 

ストレスで女性ホルモンの分泌が減った時の助けになるので、大豆をよく食べるようにしましょう。

豆乳や納豆などで摂取するのがお手軽なのでおすすめです。

 

これには注意

  • お酒の飲みすぎ
  • スマホを見てばかり
  • 夜更かし

お酒や寝る直前のスマホは睡眠の質を下げてしまいます。

また、浅い睡眠や睡眠不足は体調を崩して新たなストレスにつながります。

これらでストレスを解消するのはあまりおすすめではありません。

 

原因その3:妊娠・出産

妊娠から出産、その後の授乳の時期にかけて、体の中では大きな変化が起きています。

特に出産後は女性ホルモンの分泌が変動し抜け毛が目立つことが多くなります。

 

妊娠中

妊娠中には女性ホルモンの分泌が増加します。

そのため髪の成長期が長くなり、髪が抜けにくくなったり、体毛が濃くなったりします。

 

出産後

出産後は増加していた女性ホルモンの分泌が元に戻ろうとして不安定になります。

長くなっていた成長期が通常に戻り、それまで目立たなかった退行期(髪の成長が止まる時期)や休止期(次の成長期を迎えるまでのお休みの時期)が目立つようになります。

 

本来、妊娠中に生え代わっていたはずの髪が抜けていくため、抜け毛が増えたと感じやすくなるのです。

「出産後脱毛症」「分娩後脱毛症」と呼ばれる状態です、

 

ココがポイント

髪の本来のサイクルに戻るので、必ずしも異常な状態ではありません。

 

育児・家事ストレス

ホルモンバランス以外にも、「育児や家事のストレス」が脱毛を進行させることもあります。

育児をしながらの家事は、夜中の赤ちゃんの世話で睡眠不足になったり、思い通りのリズムで家事ができなかったりストレスになりやすいものです。

 

分け目はげの原因が「出産」だった場合のおすすめ対策

  • 大豆を食べよう
  • ストレス解消法を見つけよう

分け目がはげてきた原因が「妊娠・出産」だと思われる場合には、これらがおすすめの対策です。

「ストレス」の対策法と同じ内容ですが、女性ホルモンの分泌異常が主な原因なので優先順位が変わります。

 

大豆を食べよう

妊娠中に増加していた女性ホルモンが出産後に一気に戻ると抜け毛が目立ちやすくなります。

女性ホルモンと同じ働きをする「大豆イソフラボン」を摂取することで、減少していく女性ホルモンの分泌をサポートしやすくなります。

豆乳や納豆などで摂取するのがお手軽でおすすめです。

 

ストレス解消法を見つけよう

女性ホルモン意外にストレスも髪には大敵。

リフレッシュできたりリラックスできれば、インドアでもアウトドアでもOKです。

自分に合ったストレス解消法を見つけてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

おまけ:他にはこんなコトにも要注意!

  • タバコ
  • 紫外線
  • 激しい運動

ここまでご紹介してきたもの以外にも、これらにも注意しましょう。

 

要注意その1:タバコ

タバコには血管を収縮させるため血行不良の原因になります。

また、気管支も収縮させるため酸素の取り込みが少なくなってしまいます。

頭皮への血流が阻害されてしまうので、栄養や酸素が頭皮まで行き渡りにくくなります。

 

要注意その2:紫外線

肌と同じように、紫外線を浴びれば毛髪や頭皮も日焼けします。

頭皮がダメージを負うと細胞の元気がなくなり、髪を作る働きが弱くなります。

屋外にいることが多い方は要注意です。

 

要注意その3:激しい運動

運動はストレス解消にとても有効ですが注意が必要です。

激しい運動で髪が揺れると毛根が引っ張られるストレスがかかります。

軽めの運動にしたり、髪がゆれないようにまとめたり、ヘアバンドやキャップを活用するのがおすすめです。

 

『まとめ』:分け目がはげてきた女性(20代)はこの3つが原因かも

この3つが原因かも

  • 髪型
  • ストレス
  • 妊娠・出産

これにも要注意

  • タバコ
  • 紫外線
  • 激しい運動

「20代の若い女性」かつ「分け目がはげてきた」という場合にはこのような原因が考えられます。

中には男性とは違う女性特有の原因もあるので、事前に原因をしっかり把握しておきましょう。

 

関連記事

女性の薄毛・抜け毛|おすすめ対策ランキング5選【始めやすい順】

 

 

スポンサーリンク

-薄毛・抜け毛の基礎知識
-, ,

Copyright© 女性の薄毛お助けブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.